【経験者談】マイホーム購入時に公務員で良かったこと(相性抜群の理由!)

ハウスメーカー
スポンサーリンク

私は30代前半で民間企業から公務員に転職しました。

転職後すぐに戸建てマイホームを購入しましたが、公務員で良かったことがあるので紹介します。

マイホーム購入は公務員と相性が良いです。

私の近所も警察官・教師といった公務員が多く住んでいます。

この記事では、公務員でマイホーム購入を検討している方に参考情報を提供したいと思います。

スポンサーリンク

マイホーム購入

マイホームの平均価格と平均返済額

新築のマイホーム平均価格は、以下のとおりです。

注文住宅 :4,200万円台
建売   :3,400万円台
(参考:住宅金融支援機構「フラット35利用者調査2019年度」)

そしてローンの平均返済額は、以下のとおりです。

注文住宅 :10.3万円/月(123.2万円/年)
建売   :10.2万円/月(121.6万円/年)
(参考:国土交通省「令和元年度住宅市場動向調査報告書」)

私のマイホーム価格と返済額

私は50坪の土地を購入し、注文住宅を建てました。

 

土地と住宅の金額と、ローンの金額は以下のとおりです。
 
土地:1,500万円
住宅:3,000万円
⇒合計:4,500万円(土地+住宅)

頭金:1,000万円
⇒残額:3,500万円(ローン金額)

マイホームの金額は全国平均(4,200万円)より少し高いくらいです。

 

そして現在の返済金額は、以下のとおりです。

毎月:6.7万円/月
ボーナス:20万円/回(夏と冬の2回)
⇒合計120.4万円(=10万円/月)

毎月の返済額は、全国平均(10.3万円)と同じくらいでした。

 

ちなみに私の年収は以下です。

年収:約550万円

住宅ローンの年間返済金額上限は、年収の30~35%以下と言われています。

私の場合は550万円×30%=165万円/年が上限となり、現状の年間返済額は下回っています。

そのため、今の生活上では金銭的に苦労なく暮らせています。

どうせ買うなら早いうちが良い

なぜ転職後すぐにマイホームを購入したかというと、3つの理由があります。

①公務員になり転勤が無くなったから

以前は全国転勤有りのメーカーに勤めていましたが、地方公務員になり転勤が無くなりました。

それにより転勤で単身赴任になる心配もないです。

また、元々マイホームを持つことに憧れていましたという理由もあります。

②定年後にローンを支払いたくないから

30代で転職したため、35年ローンを組むと、定年後もローンを支払う期間が生まれます。

できるだけこの期間を短くしたかったため、早めに購入することにしました。

ちなみにローンの繰上返済を行えば、支払期間を短くして、定年後の支払いを無くすこともできます。

③子供の小さいうちにマイホームが欲しかったから

自分の憧れですが、マイホームを買って、家の中で子供に自由に過ごしてほしかったです。

家の走り回ったり、庭でBBQや家庭菜園ができたら楽しいだろうと思っていました。

そのため、子供が小さいうちにマイホームを買ってしまおうと決めました。

スポンサーリンク

公務員で良かったこと

遠方への転勤がない

地方公務員は3~5年ごとに異動がありますが、遠方への転勤は少ないです。

あったとしても、自治体のエリア内の出先機関等への転勤となり、場所によっては家から通うことができます。

例外として、東京・大阪の事務所への転勤や、海外勤務、国の省庁への出向もあります。

しかしもしそうなっても、赴任期間は3年以内が多いです。

ローン審査が通過しやすい

公務員は以下要素により、ローン審査に通過しやすいです。

・安定収入
・勤務先の倒産リスクなし
・年功序列による定期昇給
・終身雇用により退職リスクなし
・社会的信用から不祥事を起こしにくい

民間企業の場合、本人が優秀でも会社が倒産するリスクがあります。

またコンプライアンスにも厳しいため、犯罪を犯して懲戒解雇になるようなリスクも低いと見られます。

ローンを貸す銀行としては、何らかの理由で返済が滞ることが一番のリスクのため、安定的な公務員は非常に好まれます。

住宅メーカーもそれを知っているので、住宅展示場などに見学に行き、職業欄に”公務員”と書くと、ニコニコしながら対応してくれます。

最優遇金利が受けられる

銀行によっては、ローン審査時に公務員であることを伝えると、最優遇金利を提案してくれます。

私は地方銀行とローン契約をしましたが、担当者から、

「公務員さんはチラシにも載せていない最優遇金利を提案させていただくので、あまり他言しないでください」

と言われたほどです。

実際にチラシ記載の金利より0.2%ほど低かったと記憶しています。

スポンサーリンク

まとめ

以下に記事内容をまとめます。

・年収550万円程度の公務員でも、注文住宅を建てられて、問題なく暮らしている。
・いずれマイホームを買うなら早めが良い。
・公務員は転勤がないため、マーホームと相性が良い。
・公務員は安定しているので住宅ローン審査に受かりやすく、最優遇金利を受けられることもある。

このブログでは、公務員である私のマイホーム購入記録を載せていますので、ぜひ参考ください。

 

↓ファイナンシャルプランナーへの相談(ローンに不安がある方)

絶対にオススメなファイナンシャルプランナーへの無料相談(マイホーム資金計画)
前の記事では、マイホーム建築に向けてモデルハウスを見学した話を纏めました。 この記事では、ファイナンシャルプランナー(以下、FP)に資金計画を相談した時の話をまとめます。

↓土地探しのコツ

マイホームの土地探しで奇跡的に優良物件に出会えた話(土地の上手な探し方紹介)
土地選びからマイホーム計画を進めている方は苦労しているんじゃないでしょうか。 私も苦労しましたが、奇跡的に良い物件に巡り合うことができたので紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました