公務員はストレス多すぎ?種類と解消法を紹介(元民間企業・現公務員が語る真実)

ストレス
スポンサーリンク

公務員は民間企業と比べて、仕事内容や労働環境が独特です。

それゆえに、公務員特有のストレスが存在しています。

この記事では、

「公務員の仕事を考えているけど、仕事に耐えられるか不安だ」
「公務員と民間企業でのストレスの違いを知りたい」
「現役公務員だけど、ストレス解消法が知りたい」

という疑問に対し、民間企業で5年以上働いて地方公務員に転職した私が、公務員ならではのストレスの原因と、解消法を紹介します。

スポンサーリンク

公務員ならではのストレス

①狭い人間関係で気疲れする

公務員の組織は、部→課→係(または班)といったグループで細分化されていて、一番小さいな単位は”係”です。

基本的にこの係の中で仕事をしますが、一つの係は3~5人で構成されているため、人間関係が狭くなりがちです。

仕事上、他の係との接点も多いわけではないので、係内で相性が悪い人がいると毎日気疲れしてしまいます。

さらに忙しい係になると、上司もろくに構ってくれず、係内がギスギスした雰囲気になることもあります。

私が初めて配属された係では、勤勉で優秀な上司でしたが、一人で抱え込みすぎてしまうタイプで、繁忙期には係員全員が上司の顔色を見て仕事する状況もありました。

②人事異動が多くて落ち着かない

公務員は3~5年で人事異動が必ずあります。

そのため、初めて配属された部署でやっと仕事に慣れても、3~5年で全然違う種類の部署に異動(例えば観光課⇒福祉課など)になり、また一から仕事を習得し直さなければなりません。

また、もし係の中で相性の良い同僚に出会っても、その同僚も数年で異動してしまうので、毎回短い付き合いで終わります。

人の入れ替わりが激しいので、新しい人間関係の構築が頻繁にあり、なかなか落ち着かないという人もいるでしょう。

③細かくてくだらない作業が多い

公務員が仕事を行う際は、毎回、”決裁書”を作成して回覧させますが、例え内部資料でも間違いが許されません

そのため、毎回、文章を一字一句ミスがないか確認されて、ミスがあれば上司や同僚から赤ペンで修正され、データを書き直して印刷し、再び決裁を回しなおすといった作業を繰り返します。

例え大した内容でないでなくとも、細かくチェックされ、ミスがあると机に戻されてしまいます。

業務が重なって余裕が無いときでも、容赦なく細かい直しが入って机に戻され、決裁書が溜まっていくので、精神的に辛くなります。

民間企業で働いていたときは、文章の正しさより内容重視だったので、私も転職したての頃はカルチャーショックで苦労しました。

④単純作業のための残業が増えがち

前述のとおり、公務員の仕事は間違いが許されないので、細かい確認作業のための残業が増えることもあります。

また、公務員は予算が厳格に管理されていて、柔軟に使うことが許されていないため、アルバイトがやるような単純な作業も外部委託できません。

そのため職員が単純作業のために残業することも多く、例えば、

・住民を対象とした説明会資料の封入作業
・イベントの際の名札作り
・実行委員会の打ち合わせ用資料のホッチキス止め

なども、下っ端の職員数人が遅くまで残って作業することもあります。

特に大きなイベントの直前は作業が山積みになり、身も心もボロボロになる職員もいます。(ある巨大イベントでは、担当職員の半分が身体的・精神的な病気になったこともありました)

時給の高い公務員よりアルバイトにやらせた方が時間も費用も効率的ですが、予算を自由に使うことができないせいで、単純作業による残業が増えるのです。

⑤仕事に個人の色を出せず、やりがいがない

公務員の仕事はルーチンワークが基本で、前年踏襲が基本なので、個人でやりがいを創出できません

前年踏襲が基本なのは、「確立された安全なやり方が最善」と考えられているからで、もしそこに変化を加えようとすると余計な体力が必要になります。

例えばイベントの企画の際に開催会場や時期を変えたり、催しの内容を変えようものなら、

・変更するに至った確固たる”理由”
・変更しても問題ないという確固たる”証拠”

が厳しく求められます。

そうした「理由書」や「根拠資料」を作成するには体力と時間が必要です。

また、公務員の評価制度的にも、よっぽどの案件でない限りは、自分なりのアレンジを加えて評価されることは極めて少ないです。

そのため、結局は「前と同じ方法で良いか」という思考に陥いり、仕事のやりがいを感じられなくなってしまいます。

⑥とにかく儀式的な行事が多く、無駄も多い

公務員の仕事は前年踏襲が基本のため、行事も儀式的に繰り返しがちです。

例えば、ある事業の実行委員会を構成した際に、わざわざ「実行委員会設立総会」という集まりで関係者を招集するだけして、ろくに話し合いもせずに終わることも多いです。

また、首長がある団体に毎年「表敬訪問」をしていれば、特に用事も無いのにとりあえず訪問するということもあります。

そんな無意味なイベントですが、下っ端の担当者は、事前調整や事後精算に多大な時間を費やすことになります。

特に相手が同じ公務員系の団体なら状況を理解してくれますが、日ごろ、公務員とは無縁な民間企業の場合、

「その集まりに何の意味があるんですか?」
「訪問は良いですが話す議題はありますか?」

と冷静に返されることもあり、その説明に苦労することも多いです。

結果的にすべてを実現しても、「総会を開催した」「表敬訪問を行った」という事実しか残らず、住民や社会に対するメリットが何も無いので、自分の仕事の意味を考えて悩むこともあります。

⑦議員に対して無条件で頭を下げないといけない

「公務員のお客様は住民」と言いますが、実はその住民の代表である議員に一番気を遣う必要があります。

議員としても公務員を動かすのが仕事のため、公務員に対して和やかに接してくれず、常に厳しい姿勢で接してきます。

本当に尊敬できる議員なら良いですが、中にはちゃんとした根拠もなく支持してくる議員や、海外視察の最中酒を飲む議員など、ろくでもない議員もたくさんいます。

しかし議員の指示は絶対なので、そんな議員からリクエストがあっても、部署内が一時大慌てになり、課長らが腰を低くして説明しにいきます。

下っ端の私がその様子を見るたび、「将来、出世したとしても、しょうもない議員に頭を下げないといけないんだな・・・」とガッカリします。

⑧性格の悪い人材が居座っている

公務員は終身雇用で、よっぽどの不祥事を起こさない限りは解雇されないので、中には性格に問題のある人に出会うこともあります。

基本的に真面目で性格が穏やかな人が多いですが、中には性格が悪く、パワハラをしてくる同僚も存在します。

そうした人でも、不祥事を起こさなければクビにならず、窓際的な部署も少ないため、通常の部署に居座っていることがあります。

私の知り合いの中には、性格の悪いお局様タイプの女性が居る部署に配属され、嫌がらせを受け続けた結果、うつ病を発症させた人もいます。

また他の自治体の知り合いの話ですが、同じくお局様タイプが職員3人を精神病にさせたという話も聞きました。(その知り合いが人事課にかけあって、そのお局様を別の部署に異動させたと聞きました)

他にも、仕事ができない無能な人も年功序列のおかげで役職を持てるため、部下が苦労するといったことも多いです。

私も以前、異常なまでに細かすぎる上司に当たり、本人には悪意はないものの、毎回おかしな思考を強要されて、精神的に苦しかった時期があります。(そのときは同僚どうしで悪口を言い合ってストレス発散していました)

⑨世間が公務員に対して冷たい

よく公務員バッシングと言われるように、公務員は世間から疎まれる傾向にあります。

市町村の窓口などでは住民から罵声を浴びせられるということも聞きます。

私は都道府県職員のため、住民と直接関わる仕事に携わっていないものの、民間企業の方に仕事のお願いをした際に、会話の中で「公務員の仕事は楽で良いよね」と暗に言われたこともありました。

またプライベートでも、お酒の入った知り合いから「やっぱり公務員の考えは甘いよね」などと公務員を一括りにする発言を受けたことが何度かあります。

不景気やマスコミの報道などによって公務員叩きが激しくなります。

また、同じ組織の人間が不祥事を起こしてニュースになったときは、知り合いからもその話をされ、「自分には関係ない」とは思いつつも、毎回良い気持ちはしません。

スポンサーリンク

公務員のストレス解消法(ポイントは民間企業と比較すること!)

ここからは元民間企業出身の私が、公務員のストレス解消法を紹介します。

私がお勧めする考え方の軸は、「公務員が民間企業より恵まれている点を意識する」ということです。

もし仮に公務員の方でストレスが原因で辞めるのであれば、そのほとんどが民間企業に転職するという選択肢を取ることでしょう。

しかし民間企業に転職し、民間企業ならではのストレスに悩まされた挙句、「やっぱり公務員が良かった」と思って公務員に再転職しようにも、そう簡単ではありません。

そのため、民間企業勤めの経験がある私の経験をもとに、「公務員の有利な点」を理解しつつ、それを活かしたストレス解消法を参考にしてください。

※私も仕事でストレスを感じたときは、以下の内容を思い返しています。

①プライベートを充実させる

公務員の仕事は、忙しさの波が小さく常に安定しているため、その特性を生かしてプライベートの時間を充実させるべきです。

基本的に公務員は前年踏襲の仕事が多く、1年間の業務スケジュールが決まっており、突発的な業務は起きにくいです。

一方、民間企業は顧客からの突然の要求や、土日に電話が入ることや、市場の変化により急な業務対応を求められる場合がほとんどです。

私が民間企業(メーカー)で働いていたときも、顧客の急な見積もり依頼や品質トラブルなどで急な残業になることは当たり前で、競合他社の値下げによる価格改定のため、突発的な会議を遅くまでやることも頻繁にありました。

それを踏まえても、明らかに公務員の方が仕事内容も楽で、急な業務も少ないのです。

それを活かして、公務員こそ仕事以外のプライベートの時間を充実させることが大事です。

プライベートで趣味や習い事など、仕事を忘れて没頭できるものを見つけることができれば、仕事のストレスや職場の嫌いな同僚のこともスッキリ忘れることができるでしょう。

②定期的な人事異動をポジティブに考える

公務員は人事異動が3~5年ごとにあるので、業務習得や人間関係のストレスがあると紹介しましたが、この定期的な人事異動を前向きに捉えるべきです。

まず業務については、公務員は定期的な人事異動を前提としているため、異動直後でもすぐに対応できるレベルの業務設定になっており、引き継ぎ書もしっかり準備されています。

そのため、公務員の仕事は基本的に高度なものは少なく、誰でもできる仕事が多いです。

専門的な業務は外部委託するのが基本のため、公務員になってからの勉強やスキル習得はほぼ不要です。

一方、部署異動が少ない民間企業の場合、部署における専門知識やスキル習得が必要なケースが多いです。

異動直後は知識が浅いため、会議の話についていけなかったり、時には周りに迷惑をかけてしまうこともあるため、ストレスが大きく、時には業務外での勉強も必要になります。

その点、公務員はそうしたストレスは少なく、専門知識習得も不要なので楽です。

人間関係についても、定期的な人事異動のおかげで短期的な付き合いで済ませることができます。

例え嫌な同僚・上司のいる係に配属されたとしても、その同僚・上司と自分自身が数年で異動してしまいます。

つまり、人事異動の仕組みのおかげで人間関係を自動リセットすることができるので、長期的な付き合いが苦手な人にとっては楽園です。

一方、人事異動が少ない民間企業の場合、嫌な同僚・上司に出会ってしまったら、嫌でも付き合い続けなければならないため地獄です。

人事異動の希望を出しても、すぐに会社が対応してくれるかわかりません。

しかし公務員は定期的な人事異動が必ずあり、嫌な上司ともすぐに別れることができるので、常にポジティブに考えた方が良いでしょう。

③外部の団体へ出向してみる

どうしても本庁での仕事や人間関係にストレスを感じたら、外部の団体への出向して外の世界を見てみるという選択肢もあります。

地方自治体は、多くの外部の団体(外郭団体や民間企業など)に職員を派遣していて、毎年の人事希望調査の際に希望を出すことが出来ます。

外部の団体に出向すると、仕事の進め方や人間も全然異なるので、改めて本庁の良いところや悪いところを再認識できます。

例えば、

「やっぱり公務員の仕事の方が性に合っている」
「民間企業の厳しさの中でやっていく自信がない」
「本庁の人たちの方が性格的にも合っている」

など、外部と比較した公務員の良いところが見えてきて、ストレスが晴れるかもしれません。

逆に、

「公務員の仕事の進め方は、やっぱり自分に合っていなかった」
「民間企業の方が合理的で、社会貢献している」
「公務員の同僚より外部の人の方がウマが合う」

など、公務員の仕事の嫌なところが顕在化して、公務員を辞めて転職を決意するきっかけに繋がるかもしれません。

さらに、本庁の悪いところを再認識することで、改善を目指したモチベーションにも繋がります。

例えば、公務員が苦手なオンラインサービスの活用であったり、関連事業者との人脈であったりを本庁に戻った後の業務に活かそうという活力に繋がります。

実際に私も、公務員になってから外郭団体(地方自治体の業務を補完する団体)と外部団体に出向したことがありますが、

・地方自治体から仕事を委託される外郭団体の苦労
・外部団体の意思決定の速さ
・他の自治体の仕事の進め方や組織体制

などを学んだことで、本庁に戻ってから組織改善の一助を担えればという気持ちになりました。

そのため、既に公務員の方でストレスを感じている人は、ぜひ外部団体への出向をお勧めします。

出向の希望は必ずしも通るとは限りませんが、毎年必ず希望は出した方が良いです。

スポンサーリンク

まとめ

以上ですが、民間企業出身の私が、公務員ならではのストレスと解消法を紹介しました。

それでは、以下にストレスについてもう一度まとめます。

【公務員ならではのストレス】
①人間関係が狭い(小さい係の中だけで仕事する)
②人事異動が多い(業務習得・人間関係構築で忙しい)
③細かい作業が多い(無意味な誤字チェックなどが多い)
④単純作業による残業が多い(アルバイトがやるような作業がある)
⑤やりがいが無い(仕事に自分なりのアレンジが加えられない)
⑥儀式的な作業が多い(無意味な恒例イベントを繰り返す)
⑦議員には絶対服従する(無能な議員にも頭を下げ続ける)
⑧性格の悪い奴が居続ける(終身雇用のせいで有害な職員がいる)
⑨世間が公務員に冷たい(公務員バッシングは避けられない)

まとめて見ると、公務員はたくさんのストレスがあるように見えますが、民間企業にストレスがないわけではありません

むしろ、民間企業より公務員の方が恵まれていることも多いので、まずはそれをしっかり認識した上で、ストレス解消に励むこ。とが大事です。

【ストレス解消法】
①公務員は仕事の波が少ない⇒プライベートの時間を充実させるべし(趣味や習い事を見つける)
②公務員は定期的な人事異動がある⇒人事異動をポジティブに捉える(業務内容は簡単で、人間関係も定期リセットが可能)
③公務員は出向のチャンスがある⇒外部の団体に出向希望を出してみる(改めて公務員の良さを実感or転職に踏み切る)

結局、どんな組織でもストレスは存在するので、すぐに「公務員なんか辞めてやる」と決断せず、「別の組織でそれが本当に解決するか」をしっかり考える必要があります。

私は民間企業から公務員に転職し、上記のようなストレスも抱えていますが、メリットの方が上回っているので、今でも転職して正解だったと思っています。

今、公務員としてストレスに悩んでいる方や、これから公務員になることを考えている方は、ぜひ他の記事も参考にしていただければと思います。

 

↓なぜ私が公務員への転職を考えたか?

↓公務員になったら後悔だらけ!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました